want to

したい、やりたい、なりたい、いたいなど様々なwant toをお届けするブログ

ニキビ肌治したい人必見!なぜ、私は今まで肌荒れが治らなかったのか?

f:id:masterpiece10:20190807210330j:plain

pixabay

あの人みたいに肌が綺麗だったら...。

多くの人は、このように一度は思ったことあるのではないでしょうか?

 

肌は第一印象においても綺麗でいることに超したことはありません。

一日の気分を左右したりと、肌の状態をとても気にしている人は多いと思いますし

悩んでいる人も多いと思います。

 

しかし、実は、肌荒れに悩んでいる人って、間違ったやり方をしていて、

治らない人が多くいると分かりました。

 

 

 

正しいスキンケアの方法とは?

かつては私もニキビ肌に悩んでいました。

顔全体にニキビがあったので、皮膚科に行ったりもしましたし、

様々なスキンケアを試して見たりもしましたが、一向に良くなりませんでした。

もう一生治らないとまで思っていました。

 

しかし、様々な人から頂いた色々なアドバイスが、知識や経験が増えていく中で

役立つようになってきました。最初は「点」だったのが「線」になっていく様な

感覚で、新たに分かったこともあり、知識も応用できるようになっていきました。

それからはどんどん肌が綺麗になり、ニキビ肌はなくなりました。

久しぶりに再会した友だちとかには、びっくりされる程で、

とても嬉しい気持ちでいっぱいになったのは今でも忘れられません。

 

そして、今こうしてスキンケアで私と同じように悩んでいる人の

お役に立てるようなお話ができることも非常に嬉しく思います。

今回、私が実際に学んできたことや、実際に得た知識の集大成をまとめました。

理想の肌とは程遠かったり、どのようにしてケアすればいいかわからない

と言った方に向けて正しいスキンケアの方法について

お話していきたいと思いますので、

ぜひ、なにか学んでいって頂ければと思います。

 

自分の肌質、ほんとにわかってますか?

f:id:masterpiece10:20190807210353j:plain

pixabay

肌荒れをしている人は、自分の肌質を知らないことが多いです。

まずは、自分の肌質を知ることから始めて下さい。

なぜ、肌質を知らなければいけないかというと、

自分の肌の状態が分からないと適切なケアができないからです。

自分の肌に合ったケアと言うものが存在します。

これをしないと、いつまで経っても、肌は綺麗になりません。

闇雲にケアをするのは、非常にナンセンスで、二階から目薬もいいとこです。

 

そもそも肌質ってなにか?

ですが、肌質って意外となにか分かりにくいですが、

そんなに細かく知る必要はありません。主に水分量と、皮脂量だけです。

・自分の肌は乾燥しやすいのか

・皮脂が多く、顔がテカテカしやすいのか

また、そのどちらもなのか、片方だけなのか考えてみて下さい。

それによって、スキンケアの方法は変わってきます。

 

洗顔をするときに気をつけるポイント

次は洗顔なのですが、正しくできていますか?

正しいスキンケアの方法とは、水分量と、皮脂量が大体1:1

になるように補うことができるスキンケアをすることです。

 

乾燥肌で、皮脂も全然ないのに、「毛穴ごっぞり」みたいな洗顔料を使うことや

ボディソープで洗顔をするということは決してやってはいけないということです。

また、良くありがちなのが、ゴシゴシ洗ったり、拭いたりすることです。

汚れがよく落ちそうですが、これも決してやってはいけません。

 

基本は優しく丁寧に

肌はデリケートなので、簡単にキズがついてしまします。

そこからばい菌が入り、ニキビや肌荒れの原因となってしまいます。

洗顔をする時は、洗顔ネット泡立て容器で、しっかり泡立てて、

たっぷりの泡で包みこむ様優しく洗ってから、ぬるま湯で丁寧に流して下さい。

流したら、清潔なタオルで、トントンと優しく叩く感じで拭き取って下さい。

男性は、洗顔料を女性用にしてみてもいいと思います。

 

洗顔だけで綺麗になると思ったら大間違い

洗顔だけ優しく丁寧にやればそれだけでいいのかというと

そうではありません。洗顔後のケアが非常に重要です。

寧ろ、洗顔よりも、こちらに、より気をつかうべきです。

では、洗顔をし終えたら、なにをすればいいのかというと、

必ず、保湿を行って下さい。

 

肌の潤いを長続きさせるためには?

乾燥は肌荒れの大きな原因となります。保湿剤を塗る時も、

軽くパッティングするか、コットンにつけて優しく塗るかのどちらかにして下さい。

パッティングというのは、保湿剤を手のひらに適量とって、

顔に優しく叩くようにして浸透させることです。

この時、手の平の暖かさを使って浸透を促すのも大事。

コットンの場合も先ほど述べたように、絶対に擦らないようにして下さいね。

最後は、オイルや乳液などの油分を使って、保湿剤の蒸発を防ぐことも大事です。

☆洗顔→保湿→油分の順番ですよ。

 

ケアだけじゃなく、ニキビの原因が生活習慣にも!?

f:id:masterpiece10:20190807220336j:plain

pixabay

ニキビの原因は生活にいたるところに潜んでいます。

普段から気をつけることで、肌荒れを防ぐことも出来ますので、

以下に注意していきましょう。

 

枕カバーを清潔にする

肌に毎日触れるものなので、定期的に交換して清潔に保って下さい。

髪と肌の相性は最悪ですし、唾液が垂れたりして、菌が残ったりしています。

 

肌に極力触れない

手についた菌が肌荒れの原因になったりします。

ほおづえをついたり、ニキビをいじったりするのもよくありません

ニキビをつぶすのもダメです。ニキビ跡の原因になりかねません。

 

特に、髪の毛を触ったら、そのまま顔に触れないよう気をつけて下さい。

シャンプーやトリートメントの成分は肌荒れの原因の一つです。

お風呂の時もシャンプーやリンスが肌につかないよう洗ったり、流したりして

洗顔は一番最後にするのがいいです

 

日焼け止めを塗る

夜はいいですが、朝や、昼間など、定期的に日焼け止めを塗ることも

非常に重要です。肌荒れは外からの刺激が原因にもなりますので、

毎日、必ず塗りましょう。男性も一緒です。

私はこれをするようになってから非常に肌が綺麗になった気がします。

 

お水や炭酸水を飲む

身体の中から綺麗にすることも重要です。

お水や炭酸水を摂って、身体の不純物を流すようにして下さい。

炭酸水は炭酸ガスが様々な役割を果たしてくれます。

血流もよくしてくれますし、それによって新陳代謝も良くなります。

 

正しい生活習慣を送る

運動不足や夜更かし等の生活習慣、スナック菓子、インスタント食品など

偏った食習慣も肌荒れの原因です。

運動、栄養、睡眠、正しい生活習慣を送りましょう。

 

まとめ

当たりまえのことですが、一応書いておくと、

毎日必ず、朝、晩の2回はスキンケアして下さいね。

最近、肌が綺麗になったので、よくどうやって綺麗にしたの?

と聞かれることが多いのですが、そういう人に限って、

しっかりスキンケアしていない事が多いです。

そう簡単に治るものではありません。

何事も継続が大切です。頑張っていきましょう。

この記事が、少しでもお役に立てたら幸いです。

読んでくれた方のお肌が綺麗に生まれ変わること、心から応援しております。