want to

したい、やりたい、なりたい、いたいなど様々なwant toをお届けするブログ

三日坊主をなくしたい!習慣化することは案外難しくないのかも!?

f:id:masterpiece10:20190807200353j:plain

pixabay

みなさん、なにかを継続的にしようと決めたり、

なにかをやめようと決めたりしたことはありますよね?

 例えば、毎日本読もうとか、たばこをやめようとかですね。

しかし、これって中々続かないと言ったことが多いのではないでしょうか?

自分自身で決めたにも関わらず、どうしても誘惑に負けてしまい、

自分に甘くなってしまう。

また、時間がない等、言い訳を作ってしまいがち。

良い習慣も悪い習慣も、それぞれ違った意味で

私たちの生活を変え、人生も変えてしまう可能性がありますよね。

もし、そんな習慣をコントロールすることが出来たら、

どんなに素晴らしい人生が待っているのか!!

 

習慣化する力は、私たちの人生において非常に重要なポイント。

今回は、三日坊主をなくし、習慣化する方法ということで

お話していきたいと思います。

 

 

 三日坊主をなくし、習慣化する方法

三日坊主が直らなくて悩んでいる人は多くいると思います。

大抵こういう人達は、間違ったやり方をしていると思います。

かつての私も、何事にも継続が苦手という時がありました。

何をやっても夢中になれない。突き抜けられない。といった具合で、

ほとんどが長続きしなかったです。

いつも自分に対して悲観的になっていた私ですが、

この方法を身につけたことで、少しずつですが、

習慣化できるようになっていきました。

 

正しい習慣化の方法を身につけ、挫折することなく、

明るい未来を切り開いていきましょう。参考にして頂けると幸いです!

 

多くの人が間違ったやり方をしている!?

f:id:masterpiece10:20190807200632p:plain

pixabay

多くの人は、何かを習慣化しようとした時に、

一気に習慣を変えてしまいがちです。

「明日から禁煙、禁酒」、「今日から毎日筋トレ」とかですね。

このようにいきなり高いハードルを設定してしまったら、

それは大変に決まっていますよね。習慣化できる訳がない。

何事においても徐々にが肝心で、よく考えてみると意外と当たり前のことかも。

 

徐々に習慣を変えていくことがカギ

物体が動き出すには、最初が一番、馬力が必要ですよね。

これを慣性の法則というのですが、人間にも当てはまると思っています。

少し動き出すと、だんだんと拍車がかかってくると。

 

つまり、最初が一番大変なんです。少し変化し出したら後はどうってことない。

それなのに、わざわざ最初に動き出しにくくなるような

高いハードルを設定しているから、三日坊主で終わってしまう。

 

そもそも人間の脳は、変化が嫌いです。

楽しいことは慣れて飽きるし、つらいことからは逃げようとします。

変化を和らげるからですね。

 

この特性を理解すれば、最初から一気に変えるのではなく、

最初が一番肝心と頭に入れて、少しずつ小さいハードルを乗り越えていくことが

大切だと言うことが分かりますね。

 

どうやって悪い習慣を断ち切る?

悪い習慣を断ち切るには、その習慣を意識することをなくすことが

非常に重要だと思っています。先ほども述べたように徐々に実践していきます。

 

例えば、禁煙。一日のうち、煙草を吸うタイミングって大体決まってませんか?

つまり、なにかがきっかけで煙草を吸おうと考えているはずです。

なので、このきっかけで煙草を連想しないようになることが一番です。

 

ふとしたことをきっかけにチャンスを掴む

人間何かに集中してるときとかって、他のことを忘れがちになりますよね。

あ!煙草吸うの忘れてたってことあったりしませんか?

そうなったらチャンスです。そのまま吸わないで下さい。

吸わないことを続けると、そのきっかけで煙草を連想しなくなり、

自ずと少しずつ本数が減っていきます。

また、今度は違うことがきっかけで、一日のどこかのタイミングの喫煙を

忘れるようになります。あとは先ほどと同じようにしてくことで

徐々に本数がへり、気づいたら、煙草が意識の中から消えていくと。

いつの間にか煙草をやめているということがおきるでしょう。

私はこれで、煙草をやめることができました。

 

無理なくやることが一番

人間は、制限されたことに対しては、やりたくなりますが、

生活の意識の中で起こる出来事を上手く活用していくので、辛くありません。

時間と共に勝手に意識の中から消えていき、終わって見ると

全然たいしたことがなかったことに気づくと思います!

これでもう悪い習慣を断ち切ることに悩むことはない!!笑

 

どうやって良い習慣を身につける?

f:id:masterpiece10:20190821005338j:plain

pixabay

良い習慣を身につけるには、最初から大きく変わることは無理だと知ることが

とても大切になります。何事においてもまず現状の分析が必要であり、

いきなり変わろうと思っても、そう簡単なことではないのは誰でも分かります。

先ほどもお話しましたが、人間は変化が嫌いで、制限されることも、嫌いです。

なので、中々変われない自分に対して自己嫌悪に陥ってしまい、

せっかくのやる気が失われてしまいます。そうなっては元も子もないので、

自分を許してあげると言うことが大きな効果を発揮してくれます。

向上心は大事ですが、時にはその向上心が妨げになってしまう

ということがあることを知っておきましょう。

 

一日の中で意識する回数を増やす

また、そのよい習慣を身につけることができたら、

自分にどんなメリットがあり、どんな未来が待っているのか、

漠然と思い描くのではなく、具体的に思い描くことも効果的です。

望む未来の形や、なりたい自分を想像し、それに関連した写真を

毎日眺められるようにするのもよいですね。

 

習慣化の強力テクニック、プレコンフォーミティとは!?

プレコンフォーミティというテクニックはご存じでしょうか?

プレコンフォーミティとは、自分のなりたい状況が実現されていたり、

そういった人が多い状況に自分の身をおいて、影響を受けるテクニックのことです。

これは、なんとなく経験したことがある人もいるのではないでしょうか?

煙草をやめたいと思っていても、誘われたらつい行ってしまいますし、

みんなが集中して勉強していたら、自分もやらなければと思ったりします。

あれを戦略的につかうということです。

 

プレコンフォーミティで習慣化戦略

例えば、煙草をやめたいと思った時には、同じような悩みを抱えている人が

いるコミュニティとかに所属してみる。

本を読む習慣を身につけたいのならば、これもまた同様。

自ら行動し、その環境にいるだけで、マインドも変化し、

なによりも自分自身の変化に楽しくなってくると思います!

この自然の習慣化を戦略的の使って、悪い習慣にも良い習慣にも

効果的にアプローチしていきましょう。

 

まとめ

なりたい環境を自分で選択し、習慣をコントロールできるようになれば

かつてないほど、自信がついたり、自尊心が芽生えてくるようになると思います。

 私たちは普段の生活の中は習慣の繰り返しがほとんどです。

一日の約1/3は睡眠ですし、あとはご飯を食べたり、

お風呂や身支度などの生理活動に時間を使ったりしています。

つまり、習慣をコントロールできるようになると、

生活が変わり、考え方が変わり、行動がかわるので、

人生まで自分自身でコントロールできるようになるかもしれません。

習慣化の威力は計り知れませんので、ぜひ、習慣化を身につけていきましょう。