want to

したい、やりたい、なりたい、いたいなど様々なwant toをお届けするブログ

人生で成功したい!理想や夢を実現する潜在意識を活用していく

f:id:masterpiece10:20190816032156j:plain

pixabay

みなさん、潜在意識というものをご存じでしょうか?

人の心の多くは、自分自身でも意識していないこの潜在意識が

大半を占め、理想のセルフイメージを潜在意識に浸透させると、

それを実現するために動き出し成功に近づくと言います。

 

しかし、長い間習慣になっていた考え方の癖は、変えようと思っても

中々簡単には変えられないですよね。

意識の力だけで変えようと思っても難しい

 

さらに、私たちはこの潜在意識と上手につきあうことが出来ていません。

今回はその潜在意識を上手く使って未知なる力を呼び覚ます方法について

お話していき、活用していきたいと思います。

 

 

潜在意識の未知なる力

潜在意識なんてほんとにあるのか?なんか怪しいですよね。

ですが、人生で成功したい!と思う人なら、一度は聞いたことがあると思います。

成功した人の話を多く聞いたり、本も沢山読んだりしていると

やはり、この潜在意識の話をしている人が多いなという印象です。

そういう印象がある限り私も興味を持ち、調べてみたところ、

「メンタルブロック」を排除して潜在意識に理想や夢を浸透させれば

人生を大きく変えることができるということが分かりました。

 

なぜ私たちは上手く活用できていないのか?

では、その潜在意識が上手く活用できないのはなぜか?

それは、人は誰でもその力に無意識な歯止めをかけ、

否定的な意識が支配しているためだからだそうです。

その為潜在意識の扉を開く事ができていないのだとか。

 

この無意識のうちの歯止めを、メンタルブロックと言い、

例えば、「筋トレをしよう」→面倒だからやりたくない

「習慣を変えよう」→変えるのは難しい

と言った否定的な無意識の意識のことみたいです。

 

悪魔のささやきから逃れる

こういった悪魔のささやきって良く私たちの行動に水をさしますよね。

これが原因で多くの人がその思いに行動が比例せず、途中で挫折してしまった

という経験があるのではないでしょうか?

 

しかし、よく考えてみて下さい。逆に、この目には見えないを力を

自分自身でコントロール出来たら、潜在意識が変われば、

無意識の意識をコントロール出来ると思いませんか?

 

悪魔のささやきから逃れ、それによって、行動が変わり、習慣が変わることで、

おのずと人生そのものも大きく変わっていくのではないでしょうか?

その為にはメンタルブロックを破壊する必要があるといいます。

 

メンタルブロックを破壊するには?

f:id:masterpiece10:20190816032215j:plain

pixabay

メンタルブロックを破壊するカギになるのが、アルファ波と呼ばれる脳波。

アルファ波はリラックして直感やひらめきが働くときの脳波で、

心と身体が一体になった様な深いリラックス感が全身に広がるそうです。

 

緊張したり、動揺したりしているときには、軽く目を閉じるだけでも

落ち着きますよね。この時当然脳波も変化しています。

脳波をコントロール出来るようになれば、これほど心強いことはないですよね。

このアルファ波が優勢に働くことで、メンタルブロックを破壊し

自身の成功イメージが潜在意識に浸透しやすくなります。

この状態はアルファ支配と呼ばれています。

 

人間の脳波には様々ある

人間の他の脳波の種類にはベータ波、シータ波、デルタ波、ガンマ波があります。

ベータ波はテキパキと処理したり、緊張したりしている時の脳波。

シータ波はうたた寝したり、ぼんやりしている時の脳波。

デルタ波は熟睡していたり、昏睡状態にあるときの脳波。

ガンマ波は不安な時や、興奮している時の脳波。

それぞれの脳波も、心身の状態や、その時の環境が、大きく支配しています。

メンタルブロックが破壊されるときは、アルファ波が優勢になるのですが

通常私たちの脳は、ベータ波が優勢なんだとか。

しかしこの、リラックスしている時だけは、ベータが減少することから、

アルファ支配へと入っていきます。

 

アルファ波を出すにはどうしたらいいのか?

メンタルブロックがアルファ波で破壊できるのは分かったけど、

その肝心なアルファ波を出すにはどうしたらいいのか、

どうしたらアルファ支配の状態になれるのか?

と言う点ですが、潜在意識で有名なマーフィ博士は以下のように述べています。

「あなたの夢を潜在意識に刻印するのに一番良いときは、眠りに入る直前です。眠たくてウトウトした状態のときには、顕在意識と潜在意識との境界線が薄れ、潜在意識が素直に受け入れるです」

引用元:ジョセフ・マーフィー・ゴールデンプログラム

 この眠りに入る直前の脳波がアルファ波です。

この時、脳ではアルファ波が優勢となり、アルファ支配の状態になると

メンタルブロックが弱まり、理想や願望を潜在意識に届けやすい状態に

変化します。

 

他のアルファ波を出す方法

また、アルファ波は別名、瞑想波とも呼ばれています。そのことから分かる様に

眠りに入る直前だけでなく、瞑想によってもアルファ波が優勢になりますので

習慣に取り入れてもいいですね。

私は、この瞑想を習慣にして毎日やっています。

マインドフルネス瞑想という瞑想法なのですが、

その瞑想法は呼吸のみに意識を集中させます。

ですので、瞑想しながらなにか願望や理想を浸透させたりは出来ないのですが、

身体や心をリラックスさせ、脳をアルファ支配の状態に持っていくことは

できますので、非常にオススメです。

またいつか、瞑想については詳しく話したいと思います。

 

さらに、もう一つ、アルファ波をだすための方法があるのですが、

それはリズム運動です。

リズム運動とは、ある一定の動きを、リズム良く繰り返す運動なのですが

これをするとアルファ波がでるそうですよ。

有酸素運動にもなりますので、脳を活性化させる事も出来ますし、

リズム運動しながら、願望や理想を潜在意識に浸透させることが

出来たりもしますので、これはかなり強力な方法ですよね。

 

寝る前は願望や理想をイメージする

習慣に瞑想を取り入れる

 運動する時間がある時にはリズム運動と、上手く一日の中で

アルファ支配の状態を多く作るのもいいかもですね。

 

アルファ支配だけでは不十分!?

アルファ支配の状態に入ったとしても、もちろん、自分の望む願望や

理想を潜在意識に届けないと意味がありません

この潜在意識の力を存分に発揮し、自分を実現に導いていくためには

膨大なエネルギーが必要になってきます。

この膨大なエネルギーの役割を果たすのが、過飽和入力

という方法になります。

 

過飽和入力でやる気Up!?

過飽和入力とは肯定的でポジティブな思考に関する

メッセージをアルファ支配下で脳に大量に流し混む方法です。

目標を達成したりするためには、自分自身の考え方や行動を

変えなければいけないかもしれません。その時に絶対的に必要なのが

強いモチベーションとやる気です。

この強いモチベーションを司っているのが過飽和入力であり、

やる気を引き出し、持続させる力の元になっているということですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この潜在意識の大きな力を、思いのままにコントロール出来たら、

これほど心強いことはありません。

人生で成功したいのならば、潜在意識の力を借りないという

選択肢はないのかもしれませんね。

最初は少し怪しく思ってもいましたが、今は実践してみようと思っています。

理想や夢を実現するために、潜在意識を呼び覚まし、活用していきましょう。

みなさんも潜在意識の未知なる力を呼び覚ましてみてはいかがですか?