want to

したい、やりたい、なりたい、いたいなど様々なwant toをお届けするブログ

筋トレって人生に必要不可欠だと最近つくづく思う話

f:id:masterpiece10:20190809182052j:plain

pixabay

みなさん、筋トレについてどのようにお考えでしょうか?

筋トレは良い良いってよく言うけれど、本当なのか?

なぜ、筋肉をつけなければいけないのか?

そもそも太っていることってなにが問題なのか?

さまざまな疑問をお持ちだと思います。

 

私は幸いにも筋トレが好きで、習慣化してやっていましたが、

自己満足や、ビジュアル的な問題だけしか考えていなかったのが正直なところで

その本当の効果についてはあまり分かっていませんでした。

 

しかし、トレーナーの人の話を聞いたり、自分で情報収集する中で

筋トレの意義について多くのことが分かったので

今回はそのお話をしていこうと思います。

筋トレをしていて本当によかったと感じましたし、

みなさんが筋トレを始めるきっかけになってくくればと思います。

 

 

なぜ、筋トレをしなければいけないのか

筋トレには様々な効果があることが分かっています。

意外と知らなかったり、あんなことにも、こんなことにも効果があるの?

といったことだらけになるかもしれません!

一流の人たちが筋トレをする理由や、筋トレのメリットについて知り、

活力にあふれ、みなぎるようなエネルギーを手にして下さい。

 

筋トレをするとどうなる?

なぜ、あの人は筋トレをしているのか?

一流の人でお腹が出ている人って中々いないと思います。

そういう人達が、こぞって筋トレに励むのには理由があって

それはやるよね~。って感じです。

ああいう人達は筋トレのメリットについて理解して、

自分を磨く為にやっているんだと思いました。

では、その筋トレのメリットですが、以下のようになってます。

 

限界を超える

もちろん筋肉トレーニングをすると、パワーがつきます。

普段持ち上げられないものが持ち上がるようになったり、

苦労していたことが容易に出来る様になったりしますよね。

自分の限界値が上がったわけですから、

普段の自分のパフォーマンスの向上に繋がっているということです。

こんなことは当たり前だと思うかもしれませんが、それによって得られる効果が

一番の目的といっても過言ではありません。

 

そのことによって得られる効果とは?

つまり、そうなるとどうなるかというと、自尊心が芽生え、

モチベーションの増進や、疲れにくい身体

怪我をしにくい身体の形成にも繋がるということです。

ここで注意しなければいけないのが、筋肉がついてくると、今までの強度や

負荷では楽になっていき、効果がストップしてしまうということです。

なので、今までより高い負荷をかけ(過負荷の原理)、より強いパワーを

つけるようにしていきましょう(漸進性の原則)

 

強く、輝く、美しく

また更に、自分の限界を超えることが出来たのですから、

自信がつきますよね。パフォーマンスも向上し、成果がだせるようにもなります。

強く、活気にあふれた自分を想像してみて下さい。

キラキラして、みんなから一目おかれてはいないでしょうか?

自信をもっている人は輝いて見えますし、雰囲気も変わって見えます。

女性なんて、美しい身体を手に入れれば一目置かれますよ。

そうなると、これからの生活が大きく変わり、明るい未来を

自分の手で切り開いていくと言った可能性も広がってはいないでしょうか?

f:id:masterpiece10:20190809183057j:plain

pixabay
太りにくくなるって本当!?

筋トレをすると基礎代謝が上がります。

基礎代謝とは、人が生きていく為に、最低限必要なエネルギーのことです。

この基礎代謝が上がることによって、脂肪が燃焼しやすくなるので、

痩せやすく、疲れにくい身体になり、生活習慣病の予防にも繋がります。

 

女性こそ筋トレすべき

特に女性こそ筋肉トレーニングをすべきです。

女性は男性よりも、脂肪が多く、筋肉が少ないです。

筋肉が少ないと効率よく脂肪が燃焼しないので、なかなか痩せません。

脂肪が男性よりも多いのは身体の作りから仕方ない事なのですが、

お尻や太ももといった筋肉が集中している下半身エリアを重点的に鍛えることで

最も効率的に筋肉量を増やすことができ、内臓脂肪よりも落ちにくい

皮下脂肪にも効果的にアプローチできます。

 

筋トレをすると足が太くなるは嘘

また、男性の場合は、下半身を鍛えると、筋肥大がおきてしまい

脚が太くなってしまいますが、女性の場合は脚が太くなることはありません

ですので、安心して下半身のトレーニングから始めて下さい。

数字の変化がみえるまで3ヶ月ほどかかりますので、

気楽に続けられるよう(反復性の原則)、少しずつ実践していきましょう。

 

自分をコントロールする

筋トレを行うことで、自律神経が整います。

自律神経が整うと、集中力が高まり、心身が安定します。

その結果ストレスの解消に繋がり、イライラしなくなります

私もなにかモヤモヤした時や、なんとなく気分が不調な時は

なにも考えず筋トレに没頭するようにしてます。

 

筋トレをするとモテる!?

男性の場合、筋トレをすると、テストステロンとよばれる男性ホルモンが

分泌されます。テストステロンとは、物事に挑戦したり、競い合ったりするなど、

やる気をださせるような効果のある男性ホルモンのことです。

このホルモンが多く分泌されていると、

骨や筋肉を作り、男性らしい特性が高く見える様になるので、

モテ度もアップすると言われています。

 

よく女の子みたいな、女性ホルモンの多い男性がいますが、

あれはこのテストステロンが少ないからです。

この女性ホルモンをエストロゲンと言って、テストステロンが変換して

多くなってしまうことがあるのだとか。

つまるところ、男らしく、かっこよく、強く生きたいのであれば

筋トレをするべきということです。

f:id:masterpiece10:20190809183117j:plain

pixabay

 

太っていることはデメリットでしかない!?

最後に太っていることは問題なのか?

と言うことについてお話しようと思いますが、

結論から述べますと、太っていることは、デメリットしかありません。

肥満は脳に悪いことが分かっていて、

脂肪が増えれば増えるほど、頭の回転の低下、脳、身体の炎症

認知機能低下などを引き起こし、頭が悪くなるそうだ。

 

また、BMIが25以上くらいから肥満体型とされており、

その人にはテストステロンが大幅に少ないと言われています。

BMIとは、肥満度を判定する国際的な基準で、

BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)

から求められます。理想は「22」です。

お腹周りの脂肪はテストステロンを女性ホルモン(エストロゲン)

に変える酵素を増やすため

意思決定力が低下したり、チャレンジ精神がなくしたりします。

太っていては、何一ついいことはありませんよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なんとなく筋トレはしなければいけないものだなと漠然と思っていたのが

使命感に変わったのではないでしょうか?

私も筋トレのしっかりとした効果を知ってからは、

自分を高める為、楽しみながら続けることができています。

人生において必要不可欠だと思う気持ち分かって頂けましたでしょうか?

これだけの良いことがあるのですから

少しずつでもいいので、筋トレ始めていきましょう!